美乃幸って、こんなトコ。

横浜から 一人で大阪へ移り住んだおじいちゃんは、大阪に来てお肉屋さんに弟子入りしました。

そして、大阪、十三で自分のお店を持つことになったおじいちゃんは、
お肉屋さんでも何か独自の商品がなければと思い、焼き豚に目をつけました。
なぜなら、横浜育ちのおじいちゃんは小さいころから横浜の本場中華街で、
おいしい焼き豚をよくたべて、よくしっていたからです。

そして、おじいちゃんは一度横浜に戻り中華街でおいしい焼き豚の造り方を勉強してきました。
そして、その製法を大阪に持ち帰り、関西の人々の口に合うように仕上げました。
その製法は、おじいちゃんからお父さんに、そして、私に引き継がれました。

今でも、同じ製法、同じ釜を使って1つ1つ丹念に造り上げています。
親子三代に受け継がれたこの確かな本当の焼き豚の味を、是非、ご賞味ください。